レオハウス デメリット

レオハウスで家を建てる際のデメリットを調べてみました

レオハウスで家を建てる際や、建てたあとのデメリットはないか調べました。

 

 

・ローコストハウスメーカー故に、安かろう悪かろうのイメージがある

 

ローコストハウスメーカーは人件費を削ったり、部材の大量仕入れ等企業努力の結果、価格の安い住宅ができるのですが、

 

 

価格が安い=手抜き建築や粗悪な部材を使っている、という口コミやイメージがあります。

 

 

また、坪単価の安さに惹かれて、ついついあれもこれもとオプション追加してしまうと、

 

 

 

気が付いたら大幅に予算オーバーしていた、ということもあり得ますので要注意です。

 

 

 

・営業マンの対応にバラつきがある

 

我が家が対応してもらった営業マンは、対応の良い方だったと思いますが、なかにはあまり対応のよくない営業マンもいるようです。

 

 

1人の営業マンが複数の顧客を抱える、土地探しやプランを考える等作業が多いのが原因かと思われます。

 

 

更に引き渡し後のアフターフォローの対応にも、担当者によって差があるようで、対応をお願いしてもなかなか返事がこない、

 

 

確認に来ても適当にあしらわれてすぐに帰る等あるようです。

 

 

ハウスメーカーとは長いお付き合いになりますので、お互い気持ちの良いお付き合いにしたいものです。

 

 

 

・自由設計にすると思わぬところにデメリットがある

 

 

レオハウスでは自由設計も扱っていますが、知識のない素人が構造上無理な設計をすると問題が生じたり、

 

 

自分の思い通りの間取りができても予算がオーバーしてしまった等デメリットがあるようです。

 

 

レオハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top