レオハウス 平屋 価格

レオハウスの平屋の価格

一般的な二階建て住宅と比べると、平屋で建てる場合の建築費用は割高だとして知られています。

 

 

 

平屋は屋根や基礎の面積が増える分、建築費用は高くなってしまうようです。

 

 

 

平屋住宅は生活導線がフラットなため、家の中での事故も少なく安心・快適に暮らせるため人気があります。

 

 

 

将来のことを考えて平屋で建てたいけれど、問題となってくるのはやはりお金のことだと思います。

 

 

 

平屋で建てたいけれど、予算が限られている場合はローコスト住宅で平屋を建てるという選択肢があります。

 

 

 

 

ローコスト価格で建てられることが売りになっているハウスメーカーの一つにレオハウスがありますが、レオハウスでも平屋住宅の取り扱いがあります。

 

 

 

レオハウスの『大人気の家 Smart Value』は、企画型住宅となっていますが、オール電化仕様になっていたり、標準装備も充実しており、狭小敷地や小家族にお勧めされている商品で平屋住宅にも対応されています。

 

 

 

 

レオハウスの公式サイトには、平屋の外観や間取りが紹介されており、豊富なバリエーションの中から最適な住まいを選ぶことができるようです。

 

 

 

 

レオハウスはローコスト系のハウスメーカーですが、本当に低価格帯で平屋を建てることができるのでしょうか。

 

 

 

 

公式サイトで紹介されているレオハウスの平屋の価格帯を紹介しておきます。

 

 

 

 

いくつかプランが紹介されていますが、平屋建2DK(16坪)、Stylish Plan、897万円(税抜き)といったプランもありました。

 

 

 

 

おそらくこの価格は本体価格のみで、実際に住めるような家にするにはそれなりの工事や諸経費なども必要になってきますので、この価格で建てることはできませんが、商品を企画化することで低価格を実現されており、他社と比較すると安いという印象です。

 

 

下記のタウンライフは無料で各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランなどがもらえます。

 

一度に比較できるので各ハウスメーカーをまわる事なくすみますのでおすすめです♪

 

レオハウスの平屋の評判について

レオハウスの平屋の評判はどうなんでしょうか?

 

 

 

 

レオハウスの平屋の口コミを集めてみました^^

 

 

 

・レオハウスで平屋を建てました。
大人気の家をベースに自由設計で60坪の家を建てました。
木造なので間取りも自由で、自分の思う間取りを持ち込み設計してもらいました。
担当の営業が親切な方で、大工さんの仕事も丁寧で満足しています。
住み始めてまだ1年も経っていませんが、今のところ不具合もなく快適に過ごせています。
ちなみに大手と迷っていたのですが、確かに耐震性能などは良いものの、
設計の自由度が低かったのでレオハウスでお願いしました。

 

 

 

 

 

・モデルルームの見栄え的にはタマホームの方が良いと思うが、
価格の面ではレオハウスの方が安いです。

 

 

 

 

 

そして一般的に平屋住宅は、総2階建てと比べると基礎や屋根の面積が増えるなどの理由で高くなると言われていますが、

 

 

 

 

レオハウスで平屋を建てる場合、価格はどれぐらいを目安にしておくといいのでしょう。

 

 

 

 

 

口コミを集めてみました^^

 

 

 

 

 

・レオハウスで本契約を控えています。
35坪未満の平屋で、設計もほぼ決まりましたが、
最終打ち合わせで玄関の構造を少し変えて35.1坪にすると、坪単価は高くなるけど、
余分な工事がなくなり、支払い総額が押さえられると提案されました。

 

 

 

 

 

・レオハウスで平屋を建てました。
大人気の家をベースに自由設計で60坪ほどの家で、坪単価は46万円ぐらいでした。
ちなみにオプションに関しては免震ダンパーと天窓くらいです。

 

 

 

 

 

ちなみにローコスト系の住宅メーカーでは値引きがないと言われていますが、

 

 

 

 

 

レオハウスも他のメーカー同様、値引きは期待できないようですが、多少のサービスには応じてくれるみたいですよ^^

page top